古語:

あからさまなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あからさまなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あから-さま・なり

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


急だ。突然だ。たちまちだ。


出典日本書紀 雄略


「嗔猪(いかりゐ)、草中よりあからさまに出(い)でて人を逐(お)ふ」


[訳] 怒り狂ったいのししが、草の中から急に出てきて人を追う。


ほんのちょっとだ。かりそめだ。


出典紫式部日記 寛弘五・一一・一


「あからさまにまかでたるほど、二日ばかりありてしも雪は降るものか」


[訳] ほんのちょっと(私が里に)退出している間、二日ほどたって(あいにくにも)雪が降ったではないか。


〔下に打消の語を伴って〕ほんの少しも。かりそめにも。まったく。ちっとも。


出典源氏物語 葵


「大将(だいしやう)の君は、二条院にだに、あからさまにも渡り給(たま)はず」


[訳] 大将の君(=源氏)は、(紫の上のいる)二条院にさえ、まったくお出かけにならない。


あらわだ。明白だ。露骨だ。


出典好色一代女 浮世・西鶴


「女はうつくしき肌(はだへ)をあからさまになし」


[訳] 女は美しい肌をあらわにして。








あからさまなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あからさまなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あからさまなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS