古語:

あけばまたの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あけばまたの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あけばまた…

分類和歌


「明けばまた越ゆべき山の嶺(みね)なれや空ゆく月の末の白雲」


出典新古今集 羇旅・藤原家隆(ふじはらのいへたか)


[訳] 夜が明けたなら、また越えていかなければならない山の峰であることよ。空を渡っていく月の傾いていくかなた、白雲のかかっているあたりの峰は。


鑑賞

山中の旅を続ける途中、夜になって仮寝をする頃、空を渡る月が傾いて沈んでいく先の、山の端あたりに白い雲がかかっているのが見える。あの白雲のかかる峰が、明日また越えなければならない峰なのだろうと、これまでの長い道のりの苦労を思い出しながらも、これからの前途に対する不安とあこがれを強く感じているのである。









あけばまたのページへのリンク
「あけばまた」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あけばまたのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あけばまたのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS