古語:

あすかがはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あすかがはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あすかがは…

分類和歌


「飛鳥(あすか)川淵(ふち)は瀬になる世なりとも思ひそめてむ人は忘れじ」


出典古今集 恋四・よみ人知らず


[訳] たとえ飛鳥川の淵が瀬になるような変わりやすい世の中であっても、思いそめたならば、その人のことを忘れまい。


鑑賞

飛鳥川の淵瀬が変わりやすいということを前提として、そのように変わりやすい世の中であっても、いったん思い込んだ以上その人のことは何があっても忘れはしまい、という女性のいちずな思いを詠んだ。「世」は世の中の意と二人の仲の意とをかけている。「思ひそめてむ」の「む」は仮定。



飛鳥川

分類地名


歌枕(うたまくら)。今の奈良県高市(たかいち)郡明日香村を南から北に流れて大和川に注ぐ川。流路が変わりやすかったので、特に平安時代以降は無常のたとえとして用いられることが多かった。









あすかがはのページへのリンク
「あすかがは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あすかがはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あすかがはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS