古語:

あぢきなしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あぢきなしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あぢき-な・し

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


思うようにならない。


出典続後撰集 雑中


「人もをし人も恨(うら)めしあぢきなく世を思ふゆゑに物思ふ身は」


[訳] ⇒ひともをし…。


つまらない。努力のかいがない。


出典方丈記 


「さしも危ふき京中の家を造るとて、宝を費やし、心を悩ますことは、すぐれてあぢきなくぞ侍(はべ)る」


[訳] あんなにも危険な都の中に家を造るからといって、財産を使って減らし、神経を悩ますことは、まことにつまらないことでございます。


にがにがしい。道理に合わない。


出典源氏物語 桐壺


「やうやう天の下にもあぢきなう、人のもて悩みぐさになりて」


[訳] しだいに世間でもにがにがしく、人の悩みの種となって。◇「あぢきなう」はウ音便。


はかない。世が無常だ。


出典源氏物語 橋姫


「この世の、かりそめにあぢきなきことを、申し知らすれば」


[訳] この世の中が、はかなく無常であることを、わかるようにお話しすると。◆「あづきなし」の変化した語。









あぢきなしのページへのリンク
「あぢきなし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あぢきなしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あぢきなしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS