古語:

あひおもはでの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あひおもはでの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あひおもはで…

分類和歌


「相思はで離(か)れぬる人をとどめかねわが身は今ぞ消え果てぬめる」


出典伊勢物語 二四


[訳] お互い愛し合うことなく離れていってしまった人を引き止めることができず、わたしの身は、今、消え果ててしまうようだ。


鑑賞

男が妻を残して宮仕えに出かけ、三年後に戻るが、その時妻の再婚を知り、妻の幸せを願いながらその場を立ち去るのを、妻は追いかけ、とうとう倒れてしまった。その時そこにあった岩に指の血で書きつけた歌という。どちらの男の愛も得ることができず死んでゆく女の哀れ深い話である。









あひおもはでのページへのリンク
「あひおもはで」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あひおもはでのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あひおもはでのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS