古語:

あひおもはぬの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あひおもはぬの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あひおもはぬ…

分類和歌


「相思はぬ人を思ふは大寺(おほてら)の餓鬼のしりへに額(ぬか)づくがごと」


出典万葉集 六〇八・笠女郎(かさのいらつめ)


[訳] こちらから一方的に思うだけで、こちらのことを思ってもくれない人を思うのは、何の功徳もない大寺の餓鬼の像の、しかもその背中を拝んでいるようなものだ。


鑑賞

笠女郎が大伴家持(おおとものやかもち)に贈った戯(ざ)れ歌で、大胆な発想の中に、恋心の激しさを自嘲(じちよう)する気持ちがにじみ出ている。









あひおもはぬのページへのリンク
「あひおもはぬ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あひおもはぬのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あひおもはぬのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS