古語:

あめつちのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あめつちのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あめつちの…

分類和歌


「天地の分かれし時ゆ神(かむ)さびて高く貴き駿河(するが)なる富士の高嶺(たかね)を天の原振り放(さ)け見れば渡る日の影も隠らひ照る月の光も見えず白雲もい行きはばかり時じくそ雪は降りける語り継ぎ言ひ継ぎ行かむ富士の高嶺は」


出典万葉集 三一七・山部赤人(やまべのあかひと)


[訳] 天と地が別れたときからずっと、神々しくて高く貴い駿河の国の富士の高嶺を、大空のはるか遠くに振り仰いで見ると、空を渡る太陽の光も隠れ、照る月の光も見えない、白雲も進みかね、いつも雪が降っている。語り継いでいこう、言い継いでいこう、この富士の高嶺のことを。


鑑賞

霊山として信仰されていた富士山の雄大な姿をたたえた歌。「ゆ」は上代に用いられた格助詞で、時間的な起点を表す。この歌の反歌が、「田子(たご)の浦ゆうち出(い)でて見れば真白(ましろ)にそ富士の高嶺(たかね)に雪は降りける」〈⇒たごのうらゆ…〉。









あめつちののページへのリンク
「あめつちの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あめつちののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あめつちののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS