古語:

あめのうみにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あめのうみにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あめのうみに…

分類和歌


「天(あめ)の海に雲の波立ち月の舟星の林に漕(こ)ぎ隠る見ゆ」


出典万葉集 一〇六八・柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)


[訳] 海のような大空に雲の波が立ち、月の舟が星の林に漕ぎ隠れるのが見える。


鑑賞

天上の夜空を海に、雲を波に、月を舟に、星の群れを林にたとえ、月が天上のきらめく星の間を縫って移動して行くさまを詠んだ歌。七夕(たなばた)歌とは断定できないが、そうであれば七日の月はちょうど半月で、その形は舟に似ている。









あめのうみにのページへのリンク
「あめのうみに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あめのうみにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あめのうみにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS