古語:

あらの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あら

感動詞

ああ。▽驚いたり感動したりして発する語。


出典奥の細道 日光


「あらたふと青葉若葉の日の光―芭蕉」


[訳] ⇒あらたふと…。◆中世以降多く使われた語で、男女とも使う。



あら- 【新】

接頭語

新しい。「あら田」「あら手」



あら- 【現】

接頭語

現実に存在する。「あら人神(ひとがみ)」



あら- 【荒・粗】

接頭語

荒々しい。荒い。荒れた。「あら野」「あら法師」「あら武者」。


目があらい。こまやかでない。「あら垣」「あら妙(たへ)」









あらのページへのリンク
「あら」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あらのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あらのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS