古語:

あをによしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あをによしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あをによし…

分類和歌


「青丹よし(=枕詞(まくらことば))奈良の都は咲く花の匂(にほ)ふがごとく今盛りなり」


出典万葉集 三二八・小野老(をののおゆ)


[訳] 奈良の都は、咲いている花が美しく照り映えているように今真っ盛りである。


鑑賞

はなやかな奈良の都の繁栄を賛美したもので、「咲く花の匂ふがごとく」というたとえが巧みである。



あをに-よし 【青丹よし】

分類枕詞


奈良坂の付近で「青丹①」を産したところから、「奈良(なら)」にかかる。「あをによし奈良」









あをによしのページへのリンク
「あをによし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あをによしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あをによしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS