古語:

いうぜんとしての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > いうぜんとしての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いうぜんとして…

分類俳句


「悠然として山を見る蛙(かはづ)かな」


出典おらが春 俳文・一茶(いつさ)


[訳] 春の昼下がり、一匹のかえるが悠然とした態度で大きな山と向かい合っている。


鑑賞

中国、東晋(とうしん)の陶淵明(とうえんめい)の有名な詩の一節「菊を採る東籬(とうり)(=東の垣根)の下(もと)、悠然として南山を見る」を踏まえており、悠揚迫らぬ隠者風のかえるの姿がユーモラスである。季語は「蛙」で、季は春。









いうぜんとしてのページへのリンク
「いうぜんとして」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いうぜんとしてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いうぜんとしてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS