古語:

いかにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いか-に 【如何に】

[一]副詞

どう。どのように。


出典大和物語 一四九


「あやし、いかにするにかあらむ」


[訳] 変だ、どうするのであろうか。


どうして。なぜ。


出典徒然草 一〇九


「かばかりになりては、飛び降るるとも降りなん。いかにかく言ふぞ」


[訳] これくらい(の高さ)になったからには、飛び降りても、降りることができるだろう。どうしてこのように言うのか。


どれほど。どんなにか。


出典十訓抄 三


「いかにこころもとなくおぼすらん」


[訳] どれほど気がかりに思っていらっしゃるのであろうか。


なんと。じつに。


出典大鏡 序


「世はいかに興あるものぞや」


[訳] 世の中はなんとおもしろいものだろう。


どんなに(…だとしても)。▽中世以降、仮定表現を伴い逆接条件を表す。


出典平家物語 一一・能登殿最期


「いかに猛(たけ)うましますとも、我ら三人取りついたらんに」


[訳] どんなに強くいらっしゃったとしても、我々三人で組みついたならば。


[二]感動詞

おい。もしもし。▽呼びかけるときに発する語。


出典平家物語 九・宇治川先陣


「いかに佐々木殿、高名(かうみやう)せうどて、不覚し給(たま)ふな」


[訳] おい佐々木殿、手柄を立てようとして、油断して失敗しなさるな。


参考

[一]は形容動詞「いかなり」の連用形とする説もある。









いかにのページへのリンク
「いかに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いかにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いかにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS