古語:

いさの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いさ

[一]感動詞

さあねえ。ええと。


出典枕草子 七日の日の若菜を


「『何とかこれをば言ふ』と問へば、とみにも言はず、『いさ』など、これかれ見合はせて」


[訳] 「なんとこれ(の名)を言うのか」と聞くと、すぐには答えず、「さあねえ」などと言って、あれこれ顔を見合わせて。


[二]副詞

〔下に「知らず」などを伴って〕さあ、どうだかわからない。


出典古今集 春上


「人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香(か)ににほひける」


[訳] ⇒ひとはいさ…。


注意

「いざ知らず」などと濁るのは近世以降の誤用。「いざ」は別語。









いさのページへのリンク
「いさ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いさのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いさのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS