古語:

いしやまのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > いしやまのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いしやまの…

分類俳句


「石山の石より白し秋の風」


出典奥の細道 那谷・芭蕉(ばせう)


[訳] この那谷寺(なたでら)の石山は、近江(おうみ)の石山寺(いしやまでら)の石山よりいっそう白い。その辺りを清澄な秋の風が白々と吹き渡っている。


鑑賞

石川県小松市の那谷寺での句で、季語は「秋の風」。「白」の色は、季節では秋に当てられる。那谷寺は越前の国の古刹(こさつ)で、灰白色の岩山の洞窟(どうくつ)中に千手(せんじゆ)観音をまつる。「石山」といえば、ふつうは近江の石山寺をさすが、那谷の石は近江の石山よりも白いと土地では言われていた。









いしやまののページへのリンク
「いしやまの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いしやまののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いしやまののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS