古語:

いそのうへにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > いそのうへにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いそのうへに…

分類和歌


「磯の上に生(お)ふる馬酔木(あしび)を手折(たを)らめど見すべき君がありと言はなくに」


出典万葉集 一六六・大伯皇女(おほくのひめみこ)


[訳] 石のほとりに生えている馬酔木を手折(たお)ろうとしても、それを見せるべきあなたが生きているとはだれも言ってはくれないことだ。


鑑賞

処刑された弟の「大津皇子(おほつのみこ)」の遺体を、墓所の二上山(ふたかみやま)(今の奈良県と大阪府の境の山)に移葬した時に詠んだ歌。白く咲いた馬酔木の花を二度と死者に見せることができないという深い悲しみが切々と歌いだされている。「磯」は石のある場所。








いそのうへにのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いそのうへにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いそのうへにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS