古語:

いたしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いた・し 【痛し・甚し】

形容詞ク活用

活用{((く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ)}


痛い。▽肉体的に。


出典徒然草 一七五


「明くる日まで頭(かしら)いたく、物食はず」


[訳] 翌日まで頭が痛く、物も食べない。


苦痛だ。痛い。つらい。▽精神的に。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「胸いたき事なのたまひそ」


[訳] 胸が痛むことをおっしゃいますな。


甚だしい。ひどい。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「八月十五日ばかりの月にいでゐて、かぐや姫いといたく泣き給(たま)ふ」


[訳] 八月十五日も近いころの月になって、縁側に出てすわり、かぐや姫はたいそうひどくお泣きになる。


すばらしい。感にたえない。


出典源氏物語 若紫


「女かしづきたる家、いといたしかし」


[訳] 娘を大切に育てている家というのがとてもすばらしいよ。


見ていられない。情けない。


出典源氏物語 行幸


「古体なる御文書(ふみが)きなれど、いたしや」


[訳] 古風なお書きぶりだが、見ていられないなあ。


参考

は「痛し」、は「甚し(=はなはだしい)」と大別できる。









いたしのページへのリンク
「いたし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いたしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いたしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS