古語:

いたはしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いたは・し 【労し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


苦労だ。


出典日本書紀 景行


「臣(やつかれ)いたはしといふとも、頓(ひたぶる)にその乱れを平(む)けむ」


[訳] (たとえ)私には苦労であっても、ひたすらその乱を平定しよう。


病気で苦しい。


出典万葉集 八八六


「己(おの)が身しいたはしければ」


[訳] 自分の体が病気で苦しいので。


大切にしたい。いたわってやりたい。


出典方丈記 


「わが身は次にして、人をいたはしく思ふ間に」


[訳] 自分の身は二の次にして、相手を大切にいたわりたいと思っているので。


気の毒だ。痛々しい。


出典平家物語 灌頂・大原御幸


「さこそ世を捨つる御身といひながら、御いたはしうこそ」


[訳] いくら世を捨てたお身の上とはいっても、まことにお気の毒なことで(ございます)。◇「いたはしう」はウ音便。









いたはしのページへのリンク
「いたはし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いたはしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いたはしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS