古語:

いでの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いで

[一]感動詞

さあ。▽相手を行動に誘ったり、促したりするときに発する語。


出典源氏物語 若紫


「いで、君も書い給(たま)へ」


[訳] さあ、あなたも書きなさい。


どれ。さあ。▽自分が行動を起こすときに発する語。


出典源氏物語 若紫


「いで、御消息(せうそこ)聞こえむ」


[訳] どれ、ごあいさつ申し上げよう。


おやまあ。いやもう。▽感動したり驚いたときに発する語。


出典源氏物語 若紫


「いで、あな幼や。言ふかひなうものし給(たま)ふかな」


[訳] いやもう、まあ子供っぽいことよ。たわいなくいらっしゃることよ。


いや。さあ。▽疑いや否定の気持ちで発する語。


出典大鏡 序


「いで、さも侍(はべ)らず」


[訳] いや、そうでもありません。


[二]接続詞

さて。そもそも。▽あらたに話題をおこすときに用いる。


出典景清 謡曲


「いで、そのころは寿永三年三月下旬のことなりしに」


[訳] さて、その時は寿永三年三月下旬のことであったが。



いで

接続助詞

《接続》動詞・助動詞の未然形に付く。〔打消〕…ないで。▽上の語句を打ち消しつつ下の語句に続ける。


出典寿の門松 浄瑠・近松


「我とても女の身、腹が立たいであるものか」


[訳] 私だって女の身、腹が立たないでいられるものか。◆室町時代以降に使われた語。









いでのページへのリンク
「いで」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いでのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いでのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS