古語:

いとどの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いと-ど

副詞

ますます。いよいよ。いっそう。


出典更級日記 かどで


「ところどころ語るを聞くに、いとどゆかしさまされど」


[訳] (物語の)ところどころを語ってくれるのを聞くと、ますます知りたい気持ちがつのるけれど。


そのうえさらに。


出典大鏡 序


「これは四十(よそ)たりの子にて、いとど五月(さつき)にさへ生れて、むつかしきなり」


[訳] この子は(父親の)四十歳のときの子で、そのうえさらに五月に生まれて(縁起でもない子なので)不快なのである。



いとど 【蟋蟀・竈馬】

名詞

昆虫の名。かまどうま。









いとどのページへのリンク
「いとど」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いとどのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いとどのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS