古語:

いもとこしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > いもとこしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いもとこし…

分類和歌


「妹と来し敏馬(みぬめ)の崎を帰るさに独りして見れば涙ぐましも」


出典万葉集 四四九・大伴旅人(おほとものたびと)


[訳] 妻と来てともに見た敏馬の崎を、帰り道に一人で見ると、自然と涙ぐまれることだ。


鑑賞

大宰帥(だざいのそち)として九州に下った作者は、下向直後に任地で愛妻を失った。この作は、都に帰る途中にあって、往路には妻と二人で眺めた敏馬の崎を、今はただ一人で眺めなければならない悲しみを、切々と歌っている。「敏馬」は、神戸市灘区付近の古い地名。「帰るさ」は、帰る途中、帰り道。「さ」は接尾語である。「涙ぐまし」は「涙ぐむ」という動詞が形容詞に転成したもの。








いもとこしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

いもとこしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




いもとこしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS