古語:

うぐひすのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > うぐひすのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うぐひすの…

分類和歌


「鶯の鳴けどもいまだ降る雪に杉の葉白き逢坂(あふさか)の山」


出典新古今集 春上・後鳥羽院


[訳] うぐいすが鳴くけれども、まだ降っている雪のために杉の葉が真っ白な逢坂の山よ。


鑑賞

春まだ浅い逢坂山の情景を、杉の緑と雪の白との対照によって詠んだもの。『古今和歌集』の「梅が枝(え)に来居(きゐ)る鶯春かけて鳴けどもいまだ雪は降りつつ」〈梅の枝に来てとまっているうぐいすが、春を待ち望んで鳴いているけれども、まだ雪は降り続いている。〉を本歌とする。









うぐひすののページへのリンク
「うぐひすの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

うぐひすののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




うぐひすののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS