古語:

うちしめりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > うちしめりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うちしめり…

分類和歌


「うちしめりあやめぞかをるほととぎすなくや五月(さつき)の雨の夕暮れ」


出典新古今集 夏・藤原良経(ふぢはらのよしつね)


[訳] しっとりと湿った空気に、軒の菖蒲(しようぶ)が香っているよ。低く垂れ込めた梅雨空にはほととぎすが鳴く雨の夕暮れよ。


鑑賞

「ほととぎす鳴くや五月のあやめ草あやめも知らぬ恋もするかな」(『古今和歌集』)〈⇒ほととぎすなくやさつきの…。〉を本歌としている。あやめはさといも科の菖蒲のことで、花菖蒲とは異なる植物。茎や葉に芳香がある。五月の節句に、軒にさして邪気を払う風習があり、五月には欠かせない景物の一つ。梅雨どきの鬱々(うつうつ)とした気分が、あやめの香とほととぎすの声によって感覚的に表現された一首。本歌の恋の雰囲気を濃厚に漂わせている。









うちしめりのページへのリンク
「うちしめり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

うちしめりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




うちしめりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS