古語:

うつすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うつ・す

他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


(一)

【写す】


書き写す。模写する。


出典徒然草 一二〇


「書(ふみ)どもは、この国に多く広まりぬれば、書きもうつしてん」


[訳] 書物などは、この国にも多く広まってしまったから、書いて、写すこともできよう。


模倣する。まねる。


出典源氏物語 少女


「内裏(うち)の儀式をうつして」


[訳] 宮中の儀式をまねて。


模造する。


出典大鏡 道長上


「天竺(てんぢく)の祇園精舎(ぎをんしやうじや)を、唐の西明寺にうつし造り」


[訳] インドの祇園精舎を唐の西明寺に模造して造り。


(二)

【映す】映す。映ずる。


出典源氏物語 胡蝶


「池の水に影をうつしたる山吹(やまぶき)」


[訳] 池の水に影をうつしている山吹が。



うつ・す 【移す】

他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


動かす。移動させる。置き変える。


出典源氏物語 桐壺


「もとよりさぶらひ給(たま)ふ更衣の曹司(ざうし)をほかにうつさせ給ひて」


[訳] 以前からお仕えしていらっしゃった更衣の部屋を(帝(みかど)は)ほかにお移しなさって。


流罪にする。


出典増鏡 新島守


「院の上、都のほかにうつし奉るべし」


[訳] 後鳥羽院を都の外にお流し申し上げるべきだ。


(心を)動かす。心変わりする。気をとられる。


出典源氏物語 蛍


「かかるすずろごとに心をうつし、はかられ給(たま)ひて」


[訳] このようなとりとめのないことに気持ちを動かし、だまされなさって。


しみ込ませる。


出典古今集 春上


「梅が香(か)を袖(そで)にうつしてとどめてば」


[訳] 梅の香りを袖にしみ込ませて残しておいたならば。


(時を)過ごす。経過させる。


出典徒然草 一二三


「無益(むやく)のことをなして時をうつすを」


[訳] 役に立たないことをして時を過ごすのを。


物の怪(け)をほかにのりうつらせる。


出典枕草子 松の木立高き所の


「もののけにいたう悩めば、うつすべき人とて」


[訳] (病人が)物の怪にたいそう苦しむので、(それを他へ)のりうつらせるのにふさわしい人として。









うつすのページへのリンク
「うつす」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

うつすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




うつすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS