古語:

おいぬればの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おいぬればの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おいぬれば…

分類和歌


「老いぬればさらぬ別れのありといへばいよいよ見まくほしき君かな」


出典伊勢物語 八四


[訳] 年をとってしまうと、どうしても避けられない死の別れということがあるというから、ますます会いたいあなたですよ。


鑑賞

第二句が「避らぬ別れも」の形で『古今和歌集』にも見え、在原業平(ありわらのなりひら)の母の、宮仕えに忙しい業平がなかなか訪れないのを年老いた身で嘆いた歌である。これに対して、業平は、「世の中にさらぬ別れのなくもがな千代(ちよ)もと祈る人の子のため」(『伊勢物語』)〈⇒よのなかにさらぬわかれの…。〉と返歌したが、この歌も『古今和歌集』では「祈る」が「嘆く」となっている。親子の情愛が、ひしひしと伝わる歌のやりとりである。









おいぬればのページへのリンク
「おいぬれば」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おいぬればのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おいぬればのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS