古語:

おいらかなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おいらかなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おい-らか・なり

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


おっとりしている。穏やかだ。


出典源氏物語 若菜上


「見返り給(たま)へる面持(おもも)ち・もてなしなど、おいらかにて」


[訳] 振り返りなさった表情や身のこなしなどは、おっとりしていて。


気楽だ。平静だ。


出典枕草子 殿などのおはしまさで後


「『おいらかにも』とて笑ひ給(たま)ふ」


[訳] (経房(つねふさ)は)「気楽な気持ちで」とお笑いになる。


〔「おいらかに」の形で〕率直に。いっそのこと。


出典竹取物語 貴公子たちの求婚


「おいらかに、『あたりよりだにな歩きそ』とやはのたまはぬ」


[訳] 率直に「付近でさえ歩き回るな」とどうしておっしゃらないのか。








おいらかなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おいらかなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おいらかなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS