古語:

おうの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おう

感動詞

おや。ああ。▽驚いたり、感動したりしたときに発する語。


出典今昔物語集 二八・四二


「頭(かしら)打ち破られぬと覚えければ、いと高くはなくて『おう』と叫びて」


[訳] 頭を打ち破られてしまうと思われたので、たいして大きな声ではなくて、「ああ」と叫んで。


はい。▽応答や承諾の意で発する語。


出典源氏物語 夢浮橋


「嬉(うれ)しきにも、涙の落つるを恥づかしと思ひて、『をを』と荒らかに聞こえゐたり」


[訳] (感動のあまり)うれしいことにつけても涙が落ちるのを恥ずかしいと思って、「はい」と荒々しく申し上げている。


おい。▽人に呼びかけるときに発する語。


出典蜻蛉日記 中


「『あふ、立ち退きて』など言ふめれば」


[訳] 「おい、(奥へ)立ち退いて(ください)」などと言っているようであるが。◆「をう」「をを」「をお」「あふ」「わう」などとも表記する。



おう 【生う・負う・追う】

⇒おふ



おう 【終う】

⇒をふ









おうのページへのリンク
「おう」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おうのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おうのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS