古語:

おとなしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おとな-・し 【大人し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


大人っぽい。大人だ。ませている。


出典紫式部日記 寛弘五・七・中


「年のほどよりはいとおとなしく」


[訳] お年のわりにはずっと大人っぽくて。


思慮深い。分別がある。


出典源氏物語 夕霧


「いとおとなしうよろづを思ひしづめ」


[訳] とても思慮深く何事も落ち着いていて。◇「おとなしう」はウ音便。


年配だ。主だっている。


出典徒然草 二三六


「おとなしく物知りぬべき顔したる神官を呼びて」


[訳] 年配で何でもよく知っていそうな顔をしている神官を呼んで。


穏やかだ。静かだ。


出典徒然草 二三四


「うららかに言ひ聞かせたらんはおとなしく聞こえなまし」


[訳] 隠すところなく言い聞かせたとしたら、穏やかにきっと聞こえるだろうに。









おとなしのページへのリンク
「おとなし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おとなしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おとなしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS