古語:

おとにきくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おとにきくの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おとにきく…

分類和歌


出典百人一首 


「音に聞くたかしの浜のあだ波はかけじや袖(そで)の濡(ぬ)れもこそすれ」


出典金葉集 恋下・祐子内親王家紀伊(いうしないしんわうけのきい)


[訳] 評判の高い高師(たかし)の浜の、むやみに立ち騒ぐ波(のようなあなたのこと)は、(袖に)かけますまいよ。(浮気者と評判の高いあなたの気まぐれの波がかかって、涙で)袖が濡れたら困りますから。


鑑賞

「たかし」に地名の「高師」と「高し」とをかけ、「かけじや」には、波をかける意と思いをかける意をかけている。



おと-に-き・く 【音に聞く】

分類連語


うわさに聞く。


出典竹取物語 貴公子たちの求婚


「おとにききめでて惑ふ」


[訳] (かぐや姫のことを)うわさに聞き思い慕って思い乱れる。


有名だ。評判が高い。


出典金葉集 恋下


「おとにきくたかしの浜のあだ波は」


[訳] ⇒おとにきく…。









おとにきくのページへのリンク
「おとにきく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おとにきくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おとにきくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS