古語:

おはすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おは・す 【御座す】

[一]自動詞サ行変格活用

{語幹〈おは〉}


いらっしゃる。おいでになる。おありになる。▽「あり」の尊敬語。


出典竹取物語 かぐや姫の生ひ立ち


「竹の中におはするにて知りぬ」


[訳] 竹の中にいらっしゃることでわかった。


いらっしゃる。おいでになる。お越しになる。▽「行く」「来(く)」の尊敬語。


出典源氏物語 若紫


「御供にむつましき四五人(よたりいつたり)ばかりして、まだ暁におはす」


[訳] お供に親しい者四、五人ほどを連れて、まだ夜が明けないうちにお出かけになる。


[二]補助動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


〔用言の連用形、断定の助動詞「なり」の連用形「に」、またそれらに助詞「て」が付いた形に付いて〕…て(で)いらっしゃる。…て(で)おいでになる。▽尊敬の意を表す。


出典源氏物語 桐壺


「世に知らず、聡(さと)うかしこくおはすれば」


[訳] (源氏は)世間に比類がないほど、聡明(そうめい)で賢くいらっしゃるので。









おはすのページへのリンク
「おはす」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おはすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おはすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS