古語:

おほけなくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おほけなくの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おほけなく…

分類和歌


出典百人一首 


「おほけなく憂(う)き世の民におほふかなわが立つ杣(そま)にすみぞめの袖(そで)」


出典千載集 雑中・慈円(じゑん)


[訳] 身の程知らずであるが、つらいことの多いこの世の人々に(仏のご加護(かご)があるようにと)覆いをかけることであるよ。「わが立つ杣に」と伝教大師(でんぎようだいし)(=最澄(さいちよう))が詠(よ)まれた、この比叡山(ひえいざん)に住み始めて着ている私の墨染めの法衣の袖を。


鑑賞

「すみぞめ」に「墨染め」と「住み初(ぞ)め」とをかけている。「墨染めの衣で覆う」とは、人民の加護を仏に祈ること。









おほけなくのページへのリンク
「おほけなく」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おほけなくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おほけなくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS