古語:

おほけなしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おほけなしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おほけ-な・し

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


身のほど知らずだ。身分不相応だ。


出典沙石集 拾遺


「『天下に並びなき婿をとらん』と、おほけなく思ひ企てて」


[訳] 「天下に比べるもののない立派な婿をもらおう」と身のほど知らずに考えて。


おそれ多い。


出典椿説弓張月 読本


「おほけなくも琉球(りうきう)国の世子と仰がれ」


[訳] おそれ多くも琉球国の王位を継ぐ王子として尊敬されて。









おほけなしのページへのリンク
「おほけなし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おほけなしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おほけなしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS