古語:

おほぞうなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おほぞうなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おほ-ぞう・なり

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


ありふれている。通りいっぺんだ。大ざっぱだ。「おほざうなり」とも。


出典源氏物語 帚木


「かやうにおほぞうなる御廚子(みづし)などに打ち置き散らし給(たま)ふべくもあらず」


[訳] このようなありふれた御廚子などにほうり込んでおかれるはずもなく。


参考

語源が不明で、「おほぞうなり」「おほざうなり」「おほざふなり」の仮名遣いがある。









おほぞうなりのページへのリンク
「おほぞうなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おほぞうなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おほぞうなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS