古語:

おほぞらのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おほぞらのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おほぞらの…

分類和歌


「大空の月の光し清ければかげ見し水ぞまづこほりける」


出典古今集 冬・よみ人知らず


[訳] 昨夜は大空の月の光が本当に澄んでいて美しかったから、その月の映っていた庭の水が真っ先に凍ったことだよ。


鑑賞

「水」は庭の池や遣(や)り水を指す。その水が夜のうちに凍ったのは、冷たく澄んだ月を映していたからだろうと想像した歌。『古今和歌集』らしい知的な思いつきが一首の中心だが、冬の夜のさえかえる月の美しさが実感として味わえる。「月の光し」の「し」は上に付いた語を強める副助詞であり、「かげ見し」の「し」は直接経験した過去を表す助動詞「き」の連体形。係助詞の「ぞ」の結びは「ける」で、あることに気づいたことを詠嘆する助動詞「けり」の連体形。








おほぞらののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おほぞらののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おほぞらののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS