古語:

おぼつかなしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おぼつかなしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おぼつか-な・し

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


ぼんやりしている。ようすがはっきりしない。ほのかだ。


出典徒然草 一九


「山吹の清げに、藤(ふぢ)のおぼつかなきさましたる」


[訳] 山吹の花がさっぱりとしてきれいに(咲き)、藤の花のぼんやりとはっきりしないようすをしているのとが。


気がかりだ。不安だ。


出典枕草子 うらやましげなるもの


「上の女房(にようばう)の、御方々いづこもおぼつかなからず参り通ふ」


[訳] 帝(みかど)付きの女房で、お妃がたのどこへでも気がかりでなく参上して出入りする。


不審だ。疑わしい。


出典徒然草 八八


「道風(たうふう)書かんこと、時代やたがひ侍(はべ)らん。おぼつかなくこそ」


[訳] 小野道風が書いたというのは、時代が違っているのではないでしょうか。不審に(思います)。


会いたく思っている。待ち遠しい。


出典源氏物語 明石


「夢の中にも見たてまつらで、恋しうおぼつかなき御さまを」


[訳] 夢の中でさえお目にかからず、恋しく会いたく思っているお姿を。









おぼつかなしのページへのリンク
「おぼつかなし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おぼつかなしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おぼつかなしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS