古語:

おぼほるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おぼほ・る

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


(一)

【溺ほる】


(水に)おぼれる。


出典源氏物語 明石


「何の報いにか、ここら横さまなる波風にはおぼほれ給(たま)ふ」


[訳] 何の報いで、たいそう邪悪な波風におぼれなさるのか。


涙にむせぶ。涙にくれる。


出典源氏物語 早蕨


「心をさめむ方なくおぼほれゐたり」


[訳] 気持ちを落ち着かせる方法もなく涙にくれ座っている。


(二)

【惚ほる】


ぼんやりする。正気(しようき)を失う。


出典蜻蛉日記 下


「例のつきせぬ事におぼほれてぞ果てにける」


[訳] いつものつきることのないもの思いにぼんやりして(今年も)終わってしまった。


知らないふりをする。とぼける。


出典源氏物語 帚木


「むげに世を思ひ知らぬやうおぼほれ給(たま)ふなむ」


[訳] まるで男女の仲など理解できないかのようにとぼけなさるのが。









おぼほるのページへのリンク
「おぼほる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おぼほるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おぼほるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS