古語:

おもかげのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おもかげのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おもかげの…

分類和歌


「おもかげのかすめる月ぞやどりける春や昔の袖(そで)の涙に」


出典新古今集 恋二・藤原俊成女(ふぢはらのとしなりのむすめ)


[訳] あの人の面影がかすんで見える朧(おぼろ)にかすむ月が宿ったことだ。春は昔のままの春ではないのか、昔のままの春なのにと、泣いて濡れている袖の涙の上に。


鑑賞

「月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして」(『古今集』・恋五・在原業平、『伊勢物語』四段)の本歌取り。「かすめる」は、「おもかげ」と「月」の両方にかかる。春の朧月夜に過ぎ去った恋を嘆く本歌の世界を背景にして、恋しい人を思い出して流した袖の涙に、その面影のかすんで見える朧月が映えるさまを詠んだもの。








おもかげののページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おもかげののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おもかげののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS