古語:

おもふことの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おもふことの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おもふこと…

分類和歌


「思ふことなど問ふ人のなかるらむ仰げば空に月ぞさやけき」


出典新古今集 雑下・慈円(じゑん)


[訳] 私が思い悩んでいることを、どうして尋ね慰めてくれる人がいないのだろう。ふと空を仰ぐと、そこには月がこうこうと明るく澄んでいることだ。


鑑賞

「など」は「どうして」と訳す。自分の悩みをだれも分かってくれないと、孤独感に落ち込んだとき、はるか天空に月がすがすがしく照っていた。その明るさが悩み迷う心に、救いを与えたのである。月は仏教的な悟りの境地を示す象徴として詠まれており、そうした月を「真如(しんによ)の月」という。








おもふことのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おもふことのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おもふことのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS