古語:

おろかなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > おろかなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おろ-か・なり 【疎かなり・愚かなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


粗略だ。いい加減だ。


出典徒然草 九二


「わづかに二つの矢、師の前にて一つをおろかにせんと思はんや」


[訳] たった二本の矢で、師匠の前でそのうちの一本を粗略にしようと思うだろうか、いや、思わない。


〔「言ふもおろかなり」「言へばおろかなり」「…とはおろかなり」などの形で〕まだ言い足りない。言い尽くせない。


出典枕草子 すさまじきもの


「返す返すもすさまじと言ふはおろかなり」


[訳] どう考えても、おもしろくないという言葉では言い足りない。


愚かだ。賢くない。


出典徒然草 四一


「おろかなることは、なほまさりたるものを」


[訳] 愚かであることでは、やはり(あの男より)甚だしいものであるのに。


劣っている。下手だ。


出典徒然草 一九三


「賢き人の、この芸におろかなるを見て」


[訳] 賢い人で、この芸(=碁を打つこと)には下手であるのを見て。









おろかなりのページへのリンク
「おろかなり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

おろかなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




おろかなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS