古語:

かきつらねの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > かきつらねの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かきつらね…

分類和歌


「かきつらね昔のことぞ思ほゆる雁(かり)はその世の友ならねども」


出典源氏物語 須磨


[訳] 連なって空を飛ぶかりの声を聞くと、次々と昔のことが思い出されます。かりがあのころの友だ、というわけでもないのに。


鑑賞

須磨(すま)に退去した源氏に付きそう、供の者の歌。都を春に退去した源氏は須磨で秋を迎え、その年最初のかりの鳴き音を聞き、都に残してきた人々をしのんで歌を詠んだ。その場にいた一同もそれぞれに詠んで、憂愁を慰め合った。









かきつらねのページへのリンク
「かきつらね」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かきつらねのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かきつらねのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS