古語:

かぎりとての意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > かぎりとての解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かぎりとて…

分類和歌


「限りとて別るる道の悲しきにいかまほしきは命なりけり」


出典源氏物語 桐壺


[訳] 今を限りにお別れする悲しさにつけても、私が行きたいのは死出の旅路ではなく、生き長らえていたいのです。


鑑賞

源氏三歳の夏、母桐壺更衣(きりつぼのこうい)は病気にかかる。重態の更衣が里に退出するとき、涙ながらに見送る帝(みかど)に対して詠んだ別れの歌。衰弱しきった更衣は最後の力を振り絞って、帝に別れを告げたのであった。「いかまほしき」は「行きたい」と「生きたい」をかけている。「けり」は詠嘆の助動詞。









かぎりとてのページへのリンク
「かぎりとて」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かぎりとてのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かぎりとてのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS