古語:

かすがのはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > かすがのはの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かすがのは…

分類和歌


「春日野は今日(けふ)はな焼きそ若草の(=枕詞(まくらことば))つまもこもれり我もこもれり」


出典古今集 春上・よみ人知らず


[訳] 春日野は、今日だけは焼かないでくれ。この野には私の美しい妻も隠れているし、私も隠れているのだから。


鑑賞

早春の野焼きの行事を背景にしている。「つま」は男でも女でも配偶者をいうが、この場合は妻の意で、男性の作だろう。『伊勢(いせ)物語』十二段に初句が「武蔵野(むさしの)は」として載っていて、女性が詠んだ歌となっている。この場合は、「つま」は夫をさす。









かすがのはのページへのリンク
「かすがのは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かすがのはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かすがのはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS