古語:

かぜかよふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > かぜかよふの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かぜかよふ…

分類和歌


「風通ふ寝覚めの袖(そで)の花の香(か)に薫る枕(まくら)の春の夜の夢」


出典新古今集 春下・藤原俊成女(ふぢはらのとしなりのむすめ)


[訳] 桜の花を吹き散らしてきた風が吹き通って目覚めた私の袖は、花の香に薫り、枕のあたりにも同じ香りが漂っている。その枕で見ていた、余韻の消えない春の夜の夢よ。


鑑賞

かぐわしい桜の香りに満ちた春の夜の情趣を、艶麗(えんれい)に表現したもの。この「花」は『新古今和歌集』では桜として扱われているが、原作では梅であった。









かぜかよふのページへのリンク
「かぜかよふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かぜかよふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かぜかよふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS