古語:

かぜわたるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > かぜわたるの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かぜわたる…

分類和歌


「風わたる浅茅(あさぢ)が末の露にだに宿りもはてぬよひの稲妻(いなづま)」


出典新古今集 秋上・藤原有家(ふじはらのありいへ)


[訳] 風が吹きわたる浅茅の葉先の露のこぼれるほんのわずかの間でさえ、とどまってはいない、宵の稲妻よ。


鑑賞

「宿り」「宵」「稲妻」は縁語。「露」は風にこぼれやすく、はかないもののたとえとして用いられる。この歌では、その露を引き合いに出してそれよりはかない稲妻を詠む。「宿りもはてぬ」というのは、風に吹かれて露がこぼれるほんのわずかの間でさえ、露に映ってはいないで消えてしまう稲妻の光をいう。








かぜわたるのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かぜわたるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かぜわたるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS