古語:

かたじけなしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > かたじけなしの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かたじけ-な・し 【忝し・辱し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


恐れ多い。もったいない。


出典竹取物語 貴公子たちの求婚


「かたじけなく、きたなげなる所に、年月をへて物し給(たま)ふこと」


[訳] 恐れ多くも、(こんな)見苦しい所に、長い間お通いくださいますことは。


面目ない。恥ずかしい。


出典源氏物語 明石


「かたじけなく屈(く)しにける心の程思ひ知らる」


[訳] 面目なくくじけてしまった心のありさまを思い知らされる。


ありがたい。もったいない。▽身に余る恩恵を受けて感謝するようす。


出典源氏物語 桐壺


「かたじけなき御心ばへのたぐひなきをたのみにて交じらひ給(たま)ふ」


[訳] もったいない(桐壺(きりつぼ)帝の)ご愛情が比べるものがないほど強いのを頼りにして、(更衣は)宮仕えをしなさる。









かたじけなしのページへのリンク
「かたじけなし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かたじけなしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かたじけなしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS