古語:

かなしぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かなし・ぶ

[一]他動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


(一)

【愛しぶ】


かわいいと思う。いとしく思う。


出典今昔物語集 三一・三三


「翁(おきな)・嫗(おうな)、いよいよこれをかなしび愛してかしづきける間に」


[訳] 翁・嫗がますますこの児をいとしく思い、かわいがり大切に育てるうちに。


すばらしいと思う。


出典古今集 仮名序


「花をめで、鳥をうらやみ、霞(かすみ)をあはれび、露をかなしぶ心ことば多く」


[訳] 花を賞賛し、鳥をうらやましく思い、霞を趣深く感じ、露をすばらしいと思う心や言葉は多く。


(二)

【悲しぶ・哀しぶ】悲しく思う。悲しむ。


出典土佐日記 一二・二七


「女子(をんなご)のなきのみぞかなしび恋ふる」


[訳] (この土佐で死んだ)娘がここにいないのだけが悲しく恋しく思われる。


[二]

【悲しぶ・哀しぶ】


他動詞バ行上二段活用

活用{び/び/ぶ/ぶる/ぶれ/びよ}


悲しく思う。悲しむ。


出典万葉集 四四〇八


「今日だにも言(こと)問ひせむと惜しみつつかなしびませば」


[訳] せめて今日一日だけでも言葉を交わそうと、別れを惜しみつつ悲しんでいらっしゃると。◆上代語。








かなしぶのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かなしぶのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かなしぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS