古語:

かなるましづみの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > かなるましづみの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かなるま-しづみ

分類連語


騒がしい間を静かにこっそりと。▽真義は不詳。


出典万葉集 四四三〇


「荒らし男をのいふ小箭(をさ)手挟(たばさ)み向ひ立ちかなるましづみ出いでてと吾あが来る」


[訳] 荒々しい男が矢を手に挟んで向い立っている騒がしい間を静かにこっそりと出て(私はここに)やって来た。◆上代東国方言か。成り立ち不詳。








かなるましづみのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かなるましづみのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かなるましづみのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS