古語:

かはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

か-は

係助詞

《接続》体言、副詞、および活用語の連体形などに付く。


〔疑問〕…か。…だろうか。


出典源氏物語 夕顔


「いかなる契りにかはありけむ」


[訳] どんな因縁であったのでしょうか。


〔反語〕…だろうか、いや…ではない。


出典更級日記 物語


「后(きさき)の位も何にかはせむ」


[訳] 后の位もなんになろうか、いやなんにもならない。


出典徒然草 一三七


「月はくまなきをのみ見るものかは」


[訳] 月はかげりのない満月のときにだけ見るものであろうか、いやそうではない。


語法

係助詞「かは」の文中用法と文末用法「かは」が文中に用いられ、受ける語が活用語である場合は、係り結びの法則で、文末の活用語は連体形になる。


参考

係助詞「か」に係助詞「は」の付いたもので、中古以降みられる。文末用法は「反語」。文中でもほとんどが「反語」である。









かはのページへのリンク
「かは」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

かはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




かはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS