古語:

がてらにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

がてら(に)

接続助詞

《接続》動詞型活用語の連用形に付く。…を兼ねて。…のついでに。…ながら。


出典源氏物語 賢木


「秋の野も見給(たま)ひがてら、雲林院(うりんゐん)に詣(まう)で給へり」


[訳] 秋の野もご覧になりながら、雲林院にもうでなさっている。



がてら(に)

副助詞

《接続》動作的な意味を持つ体言に付く。…を兼ねて。…のついでに。…ながら。


出典源氏物語 行幸


「三条の宮に、御とぶらひがてら渡り給(たま)ふ」


[訳] (源氏は大宮のいる)三条の宮に、ご機嫌うかがいを兼ねて(大宮の孫の玉鬘(たまかずら)の存在を知らせに)いらっしゃる。









がてらにのページへのリンク
「がてらに」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

がてらにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




がてらにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS