古語:

がねの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

がね

接続助詞

《接続》動詞の連体形に付く。


〔理由〕…であるから。…だろうから。


出典万葉集 一九〇六


「梅の花我は散らさじあをによし(=枕詞(まくらことば))奈良なる人も来つつ見るがね」


[訳] 梅の花を私は散らすまい。奈良にいる人も来ては見るだろうから。


〔目的〕…ために。…ように。


出典万葉集 五二九


「佐保河の岸のつかさの柴(しば)な刈りそね在ありつつも春し来たらば立ち隠るがね」


[訳] 佐保川の岸の高みの柴は刈らないでおくれ。このままにしておいて春が来たら(あの人と会うときに)隠れるために。


参考

「がね」は文末に置かれるので、「終助詞」という説もあるが、倒置と考えられるので、接続助詞とする説に従う。上代語。



-がね

接尾語

〔名詞に付いて〕…のためのもの。…の候補者。「后(きさき)がね」「婿がね」









がねのページへのリンク
「がね」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

がねのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




がねのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS