古語:

がりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

がり 【許】

名詞

…のもと(へ)。…の所(へ)。▽多くは人を表す名詞・代名詞に格助詞「の」が付いた形に続く。


出典徒然草 五三


「京なる医師(くすし)のがり率ゐて行きける道すがら」


[訳] 京都にいる医師のもとへ連れて行ったその道々。


参考

上代では「がり」は接尾語の用法のみであったが、中古になると接尾語から変化した名詞の用法が生じた。これをも接尾語とみる説もあるが、格助詞「の」を伴った連体修飾語によって修飾されているところから名詞ととらえる方が自然であろう。



-がり 【許】

接尾語

〔人を表す名詞・代名詞に付いて〕…のもとに。…の所へ。


出典伊勢物語 三八


「むかし、紀の有常(ありつね)がり行きたるに」


[訳] 昔、紀(きの)有常の所へ(男が)行ったところ。









がりのページへのリンク
「がり」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

がりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




がりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS